大好きゴルフ女子部
I LOVE GOLF
ギア(道具)について

ボールにも特性がある

どんなゴルフボールを使えばいいかわからずに、とりあえず可愛い色だからとかレディース用のものとかを使っている人は多いと思います。

クラブは替えてもボールは替えるなと言われるくらいにボールって大切な道具なのです。

そこで、女子にもわかりやすくボールの特性や選び方などをお伝えしていきます。

ボールの規格

ボールには、公認球と非公認球というのがあります。普通にプライベートでラウンドするときは非公認球でも大丈夫です。

公認球の規格もいろいろとあるのですが、ここではわかりやすい重さと直径を記しておきます。

●重さ 45.93グラム

  ●直径 42.67ミリ以上

ボールの種類

ボールの種類はディスタンス系とスピン系という2つの種類があります。

簡単に言うと、ディスタンス系のボールとは飛距離を求めるボールに、スピン系のボールとはスピンを求めるボール。この2種類のボールの大きな違いは硬さとなります。

詳しく説明するとボールの硬さが違います。

ディスタンス系 は外側のカバーの部分が硬く反発力が生まれます。コア(中身)は柔らかいためインパクトでボールが潰れるので、スピンがききにくいという特性があります。

スピン系はコアが硬いのでスピンがかかりやすくなります。ボールの軌道もコントロールしやすくなります。

ボールの構造について

2ピース・3ピース・4ピース と呼ばれるボールがあります。 なんと、いまでは5ピースというのもでてきた見たいです。層が増えるごとに高性能なボールと言うこととなります。

特に女子ゴルファー(ヘッドスピードが遅い人)が飛距離を求めるならば柔らかめのディスタンスボールがスピン量が少なくて良いと一般的に言われています。

良く同じメーカーから出ているボールでもSOFTと呼ばれるボールががあるので、飛距離重視ならそちらを使ったほうがよく飛ぶと言われています。

でも、アプローチを重視したければスピン系のボールを使っってください。

キュキュッと止まるアプローチは女子にとってあこがれですよね。そこまでは無理だとしてもグリーンで少しでも減速してくれるとうれしいですよね。

第3のボール

そこで最近出てきたのが「第3のボール」です。

中身の部分(コア)がディスタンス系のボールのように柔らかくてスピンがかかりにくく飛距離がでやすくなっています。そして、外側のカバーの部分がウレタンカバーになっています。新しい技術で柔らかくできているのでアプローチではスピン量が増えるような仕組みになっています。

要するに、飛距離も期待できスピンの効いたアプローチも期待できる、両方のいいところを持っているボールです。

  • 飛距離には自信があるがアプローチをもう少し頑張りたいという人はスピン系。
  • とにかく飛距離を出したい人はディスタンス系。
  • 飛距離も出したい、アプローチでボールも止めたいという人は第3のボール。

女子ゴルファーでも使いやすいおすすめボールは次の3種類です。

  • キャロウェイクロムソフトX 4ピース 35m/s~
  • キャロウェイSUPERSOFT 2ピース 32m/s~42m/s以下
  • ブリヂストンV10 3ピース 28~45m/s

お値段・性能全ての両方からキャロウェイSUPERSOFT。

2ピ-スボールでありながら、打感が柔らかくて高弾道、グリーン周りではスピンを効かせやすいという女子には使いやすいボールだと思います。

カラーボールについて

女子はカラーボールを使う人が多いですよね。カラーボールは可愛いし見つけやいというメリットがあります。

DSC_0467

でもでも、女子同士で行くと意外とカラーボールの人が多くて色がかぶったりすることがあります。そこで私は、白色のボールに自分でいろいろなマークを書いたりして可愛いボールにしています。時間や手間はかかりますが、愛情を込めたボールなので失くさないようにと集中力が増すような気がします。