大好きゴルフ女子部
I LOVE GOLF
その他いろいろ

2019年 新ルールで18H回ってみました

2019年からゴルフ規則が大幅に変更され、 そのなかでも、旗竿に関するルールの変更がプレー面で大きく影響しそうだなと思いました。

新ルールで18H回ってみました。

これまでは旗竿が挿してある状態でパットし、それが旗竿に当たれば2打罰を科せられていましたが、2019年からは無罰へと変更となりました。

そこで、18Hピンを挿したまま回ってみることにしました。

ピンを抜き差しするのって意外とめんどくさかったりするので、今までも遠くからのパッティングの時に挿したまましてしまうことがありました。まさか旗竿にあたるわけはないと勝手に決め込んで。

でも、2打罰だったんですよね。

今まで1度も当ったことはなかったので良かった。

メリット

①グリーン上での時間が短縮された

結構みんな自分のラインを読むのに忙しくって、旗竿を抜いてくれない時がありますよね。

②カップまで遠いときにカップが見えなくて困ることがなかった

③ラインが読みやすい

④旗竿があることで距離感が出しやすい

⑤下りのパッティングで強気で打てる

デメリット

①カップからボールを取り出しにくかった

②旗竿が見えないような打ち上げのホールで打ち込まれないかなと心配

今回は見通しの良いホールばかりだったので大丈夫でした。

打ち上げのホールで旗竿しか見えないような所は、信号をつけるなどの安全対策をした方がいいなと思いました。

デメリットはあまり感じなかったのですが、慣れていないので違和感は多少ありました。

アマチュアにはそこまでは考えなくても良いと思うのですが、旗竿の材質や太さによっては跳ね返り方や蹴られ方が違ってくるかなとも思いました。

でも、今回は旗竿にあたって入ったりとか、蹴られたりしなかったのでそこまで考えるのはプロレベルの人だけで良いかなと思います。

18H回ってみた感想

始めのうちは、旗竿をさしたままでのショートパットの時に旗竿に蹴られるかもと思いながらのパッティングでしたが、1度も蹴られることもなくスムーズに回れました。

ロングパットでは距離感がわかりやすいし、ラインも読みやすい、私個人的にはカップがどこかと探さなくても一目瞭然でわかりやすい。

すこしのなれは必要かと思いますが、個人個人が旗竿を抜いた方が良い、挿したままでとなると余計に時間がかかるので、全員で旗竿を挿したままで少しでもプレーファーストでラウンド出来るよう、これからは挿したまま回る方が良いなという結果になりました。